みにくい漬物
いつか私はお手伝いさんの話を本に書けるのではないかと思うくらい、毎日毎日何かが起きている我が家!ど〜して? 何で?と思わされる事が日常茶飯事である。パン作り用に買ったドライブルーベリー、結局使わず冷蔵庫に入れっぱなしだったので、ドライクランベリーと一緒にナッツに混ぜておつまみでも作ろうと思った。さ〜ドライブルーベリーは、、と冷蔵庫を見ても、ない!お手伝いさんにドライブルーベリーはどこ?と聞いたが、分からないという!では、探して!とお願いして2日間後、ないと言われた!そもそもドライブルーベリーがどういうものか分かってない可能性が大!でもドライクランベリーは分かっていたから、分からないはずがない、、、結局私が探す羽目になり、、、、見つけた!しかも、福神漬けやきゅーちゃんや高菜と一緒に並んでいた!ブルーべリーって英語で書いてあるのに、ど〜して漬物ちゃんの袋の中にまぎれているのか!引っ張りだされたブルーベリー、みにくいアヒルの子じゃなくて、「みにくい漬物」というお話が作れる!「きゅうーちゃん、私も仲間に入れて!」「だめだよ!お前は汁に漬かってないもの!」「福神漬けさん、私も仲間に入れて!」「お前はカレーライスと一緒に食べてもらえるかい?」「高菜さん、私も仲間に入れて!」「だめだ、だめだ!お前は僕らみたいに臭ってないもの!」、、、みにくい漬物はは悲しくなりました。ある日突然冷蔵庫から引っ張り出された漬物は、ナッツとクランベリーと一緒になったのです!「私って、、、漬物なのに、、」と言うと、クランベリーちゃんが「漬物?何言ってるの!あなたははドライブルーベリーなのよ!」そうだったのです!漬物ちゃんは本当ははドライフルーツだったのです。おしまい!と書きたいところだが、、、現実的に書くと すると、
ナッツ君が言いました。「でもさ、僕らはもうすぐ人間に食べられてしまうのさ!漬物たちと一緒さ!しょせん僕らは食べ物だからね、、、、」 ブルーベリーは思いました。「漬物たちと一緒に冷蔵庫に入っていたら生き延びられていたのに、、、」と。 おしまい

ガラス壁
おっぱいマッサージや育児指導でご家庭を訪問させて頂くことが多い私!最近の新しいコンドには、どーしても分からない作りがある!それは、ガラス壁!通常マスターベッドルームの内にトイレが付いていることが多い。これまでは、部屋があって、洗面所が別にあってドアがあって、、だったが、最近のコンドは部屋の前か横にトイレがあって、ガラスの壁で仕切られているから部屋からトイレが丸見え!最初特殊なガラスで出来ているのかと思ったらただのガラス!なぜこんな作りにするのだろう? 新婚さんや若いカップル、或いは独身男性が彼女を連れてきて、シャワーしている姿をベッドから眺めているのは、まぁ〜いいとして、朝目覚めてふと体を横にして目にするものが、自分の夫がう○ちしてる姿だったら、いくら身内でも決して朝から見るには目だけでなく脳にも良くない!
トイレを使うだけなのに、わざわざ部屋のドアを閉めないといけない、、こんな面倒な作りは日本では絶対にありえないと思う!

ゴルフ好きも程ほどに、、、
長年おっぱいマッサージで家庭訪問をさせていただいているが、その間にいろんな話題で盛り上がる。特にご主人がゴルフ好きの話題になると、話が止まらない。日頃子育てで疲れ切っているママ、それでも週末はパパと一緒に家族で何かしたいと思うのが、日頃仕事で疲れ切っているパパは、それでも週末はゴルフをしたいと思うわけで、これがよく愚痴の基になっている。それにしても、旦那達のゴルフ好きには呆れるものがある。彼ら、一体いくつゴルフクラブを持てば気が済むのかと思うくらい、クラブを欲しがる、、そして買う。「俺が格好いいゴルフバッグ持ってたらいいでしょ?」なんて言って新しいバッグを買う人もいますけど、ゴルフしない奥さんにとったら、たかが長い棒を入れるバッグでございます。「やっぱりゴルフはゴルフクラブだよな〜」と高価なゴルフクラブを購入し眺めているご主人様、我々子育て中の女性にとっては、いつか凶器にしてやろうかと思う長い棒でございます。先日主人が「今日はミーティングがある」と言ったものの、それがゴルフと分かった時の私の気持ちは、、、ご想像にお任せ!
どうしてゴルフするのがミーティングになるのか分からない!ゴルフはゴルフでしょ?と言ったら、いや、ミーティングだと言い張る。「お客さんがゴルフクラブを自分のゴルフクラブを試したいから、、、プレーしながら仕事の話も、、、だからミーティングだ!」なんだそう。ただ呆れるばかり!ゴルフ自粛中のご主人が「俺は最近ゴルフさせてもらえないから、仲間と話が合わない!」と奥さんに愚痴ったそうだが、我々には「僕ベーブレード持ってないから、友達と遊べない!」のレベルの事を言われているようなもんざんす。

中年おばさんになると・・・
昔「中年!」という言葉を耳にした時、「おっさん!おばさん!」という人にあたいする言葉だと思っていたが、いつの間にかそれは自分に当てはまっているではないか!!あるランチのテーブルで友人が「肩が急に上がらなくなって・・リフレクソロジーに行ったら、フローズンショルダーって言われたけど、何?」と聞かれ、「四十肩だね!」と答えた。昔、母親がやれ四十肩だ!五十肩だ!と痛い!痛い!と言っていたが、そんな言葉が自分達にも出てくるようになったとは・・
最近盛り上がる話題と言ったら、美容ではなく健康!ちょっと前までは、「どこどこのフェーシャルがいいよ!」とか「ホワイトニングには・・・」なんて会話がはずんでいたが、最近では「どこどこで肩と首のマッサージするといくらよ!」「整体行って曲がっていた骨盤直してもらった!」など。私が「疲れた!」「肩が痛い!」と言うと、返ってくる言葉は「針いいですよ」とか「ユンケルいいですよ!」「オロナミンはジュースですね〜」 エネルギードリンクなんていう物は中年のおやじが二日酔いに飲むイメージがあったのに、「ユンケル飲むとどうなるの?」と真剣に質問してしまう。(しかも買ってしまった私!)日本のアイドルや俳優を見ても「かっこいい」ではなく「かわいい」と言うのが中年おばさんのコメント!好きな俳優がいてもフルネームで覚えられず「木村なんとかっていう俳優、なんとかっていう藤原紀香が主役のドラマに出てた・・・」と、なんとか!で済ませてしまう。しかも、聞いている相手も中年おばさんだと「あ〜あれね!あのなんとかっていう俳優」で会話が成立してしまうからすごい!友人が「もうさ、最近の医者って若いよね〜!なんか大丈夫かしらって思っちゃう!」と言った。「自分達が年取ってきているわけだから若い医者でも先生でもどんどん増えることだろうに・・」と言ったら、「そ〜だよね〜〜自分が高齢になっていくのを忘れているよね」と笑っていた。先日忙しい中パン屋でパンを買い、薬局でリポビタンDを買い、歩きながらパンをかじり、リポビタンをガっと飲み・・・・やってしまった。まるで中年おやじを!!


Mr チェロ
ご近所にご主人がパイロットの友人がいる。ある日彼女がご主人が操縦する機に乗った時、「君はMRチェロの隣の席みたいだよ」と言われたそうだ。「??有名人かしら?」と思ったら、MRチェロは楽器のチェロ!大型の楽器は運ぶには1席取らないといけないそうで、席名にMRチェロと書かれているそうだ。ちょっとワクワクしていた彼女だったが、どでかいチェロのケースに圧倒されてしまったそうである。

検索結果は?
クラスで使う人形を探していた時、「モデル人形」とか「人体模型」と英語のサイトで検索していたら、「人体モデル」というサイトがあったのでクリックしたらなんとポルノのサイトにいってしまったことがある。友人のお兄さんが間違ってポルノのサイトを開いてしまったら、見てもいないのに後日高額な請求がきた!という話を聞いていたので、慌てて閉じようとしたら、なんと閉じるとまた変なサイトが出てくるので、ゲ〜〜〜!と慌てたことがあった。こういうサイトはブロックされていると思っていたがそうでないようだ。この間も母乳のしくみに関するイラストを探していたら、解剖学系のイラストがいくつか出てきたのだが、その中にものすごい巨大なおっぱいの写真が出ているので「これは何?」と開いたら、あら〜〜ポルノサイトにいってしまったのだ。すると、すぐに「あなたのPCはなんとかというウィルスに・・・・」と出てきて、「え〜〜〜ウィルス感染!」と慌ててAnti Virusソフトを起動させたけど、職種関係のことを検索すると場合によってはあっちのサイトが出てきてしまうのは困ったものだ!!おっぱいだからな〜〜〜!

呆れるサービス

長年シンガポールに住んでいるがレストランやお店のの数は増えているが、サービスの面は変化なし、頭を使ってないことが非常に多いと感じているのは私だけではないと思う。サービスの面では本当に呆れる!先日2ドアの冷蔵庫の冷凍サイドが壊れてしまったので修理に来てもらった。その際にドアの淵にあるゴムがだらんとなってきていたので交換してもらった。ところが、新しくなったものの、ドアがきちんと閉まらないのである。冷蔵庫のドアを閉めると冷凍庫側が開いてしまうし、閉まっていてもしばらくすると少し開いてしまうので中の物が解けかかってしまうのだ。数日後苦情を言い、再度確認しに来てもらうことになった。外出中、お手伝いさんから電話があり、修理屋が訳分からないこと言うので話して欲しいと言うのだ。その内容が「問題は何か?」(お手伝いさんが見せたでしょ?ドアがきちんと閉まらないし、閉めてもしばらくすると開いてしまうから、ドアの前にペットボトルのカートン置かないと開いてしまうのよ!)すると「For me, this is normal」と言う答えが返ってきた!!「はっ?何がノーマルなの?ドアが開くことはノーマルじゃないでしょ?冷蔵庫のドアが開くからその前に水のカートン置くのが普通だっていうの?そんな言い訳言うな!」と怒ると、「ゴムの製造会社が変わったので、今のゴムは固めになったから、前のとは違うんだ。で、どうしたらいいか?」と言う。「そんなのこっちが知ったことじゃない、あんたは修理屋なんだから考えて直せ!」と言って電話を切った。帰宅後まず娘がこう言った「マミー!今日ね、アンクルが冷蔵庫のドア直しに来たんだけど、ドアが重くなっちゃったよ」 確かにドアを開けてみると重く感じる。それに何かいつもと冷蔵庫が違うのだ。修理屋が考えて出した答えは・・・・ゴムを代えたわけでなく、冷蔵庫前面の下にある高さを調節するネジを高くしてドアが開かないようにしただけ!しかし、角度が10〜15度くらい上がっているのでドアは重いし、見た目も変!近日苦情の電話を入れるのは間違いなしである・・・・・

かえるの子はかえる
私は小さい頃から動物が好きで、将来の夢は獣医になることだった。とにかく小動物は常にいて、金魚、かに、亀、ハムスター、モルモット、じゅうしまつ、文鳥、インコ、昆虫・・・もらったり、拾ってきたり、買ったりで、母からは「あら、またこんなもの拾ってきて!結局世話するのはママなんだから、やめてちょうだい!」と言われていた。ある時、かまきりのたまごを拾ってきて、祖母が知らずにトイレに捨てたら、ある日帰宅後母が「お姉ちゃん!大変!かまきりがいっぱい!」と言うので、トイレを見るとなんと長さ1.5cmほどのかまきりの赤ちゃんがま〜ものすごい数、壁や天井を歩き回っていたということもあった。蟹もよく脱走してベランダをずっと横歩きで渡っていくものだから、いつもマンションの端のご近所さんに「またお宅の蟹がうちのべランダにいたわよ」とよく言われていた。そして、子猫を拾って飼い、やっと念願の子犬も飼うことまでした!そんな私の子供達だから動物は大好きで、先日フィッシュファームで金魚すくいをした際におたまじゃくしまで捕まえてきた。しかも、50匹近く!「もう、やよ〜、結局世話するのマミーなんだから!」と以前よく聞いたことがあるセリフを私もはいていた。結局ネットで「おたまじゃくしの飼い方」まで調べ、おたまじゃくしの時はエラ呼吸だが、足が生えてくると肺呼吸になっていくので、水の中では長くいれず、石などを置くといい・・・・まで知識を得た。後ろ足が出てきた!と子供達が大騒ぎしてから1週間程したある日、小さいけど何匹かはほぼカエルになっているではないか!しかも、ピョンなんて飛ぶ!上手に手足を使って這い登ったりもできる。ある朝、子供達に「マミー、カエルがた〜くさんお家の中を跳んでるよ!」と起こされる日は近い・・・・・・

マッシュルームの髪の毛
友人とパラゴンの地下にあるスープショップでランチをした時の話。今日はいつもと違うスープにしてみよう!と初めての試みでマッシュルームスープを頼んだ。話がはずむ中、数回目のスプーンを口にした時、あっ、と気がついた!髪の毛が入っていたのだ!長さは20cmほど、勿論人間の髪の毛。ちょうど来たウェイトレスに「Excuse me! Hair is in my soup」と簡単に言い、髪の毛を指して見せた。すると返ってきた言葉は「Oh! This is mashroom hair」 マッシュルームヘア? しいたけやきのこ類に毛なんてあったか?いやいや、私が指しているこれ、この長い黒い細い髪の毛、どうみても人間のでしょ?きのこの髪の毛ではないはずよ!しかし、このウェイトレス「これはマッシュルームヘアだ!」と言い切るのだ。友人と笑ってしまったが、隣に座っていた白人のおばさんも「私もマッシュルームにヘアがあるなんて聞いたことないわ!」と笑っていた。普通なら「申し訳ございません!今すぐにお取替えします。同じ物でよろしいでしょうか?」くらいの対応があるはずだが、彼女は謝らず最後までマッシュルームヘアと言い、そんなに言うなら代えるわよ!というくらいふてくされた顔でマッシュルームヘア入りスープを下げた。さすがに同じスープは注文したくなかったので、クラムチャウダーに代えてもらった。もし、この時にまた髪の毛が入っていたら彼女は「これはあさりのヘア」って言うのかな?

機械に弱い男

以前電球の話題であがった人は機械に非常に弱い。先日我が家のお手伝いさんのお誕生日だった。いつもは私がカメラマンで写真撮影・動画撮影をするのだがたまには自分も写ってみようと思い、今回は頼むことにした。台所でケーキにローソクをつけ「いいよ!と言ったらスイッチ入れてよ」と指示も出す。子供達はろうそくが灯っているケーキを運んできた私を見て、目を輝かせ”ハ〜〜ピバ〜スデ〜トュ〜ユ〜”の歌を歌い始める。動画撮影者もデジカメを自分達やケーキに向けて取っている。歌い終わると主役が息を吹く前に子供達がろうそくの火を吹いてしまい、また子供達もやれ自分が消せなかったなどと喧嘩になりで、再度ろうそくに火を灯し、ハッピバースデーの歌を歌う・・・・そしてケーキを食べた後にプレゼント!でイベント終了!そして、寝る前に早速動画撮影を確認!!そこで写ったものは!!床やいす、犬、足がチラチラと思えば、ダイニングテーブルと壁が静止状態で写り、端の方に座っていた末娘がチラッと写っている、録音されている声はハッピーバースデーの歌ではなく、子供達がろうそくのことで大騒ぎしている声と私が怒っている声!しかも、撮影しているはずの本人が私の後ろを通っている姿が・・・・ 任せた私がいけなかった・・・・動画モードのマークが付いているのを撮影中だと思い込んでいたのだろう。つまり、オフの状態で撮影しており、オンの状態でテーブルに置いていたわけである。だから、私がケーキを運んできて、みんなで歌って、子供達がろうそく吹いて・・・は写ってなく、その後の状況しか写ってないのであった。これ、初めてではなく、ビデオカメラでも数回やられていることで・・・・ やはり機械が弱い人には任せてはいけない!!


時任三郎とトキトさん

香港のホテルで勤務中のときの話、ある朝いつものごとくデューティーマネージャーデスクに座り、今日のVIPリストに目を通す。すると日本人名が目に付いた。SABURO TOKITO 会社は○○エンタープライズ。私の頭ではトキト サブロウというおっさんが来るのだろうくらいにしか思っていなかった。午後、VIPのMR TOKITOが来たからとロビーのスタッフから連絡があった。受付に行き、ミスタートキトはどこだ?と聞くと、スタッフはあそこ!と野球帽をかぶり、入り口の硝子壁から外を見ている長身の男性を指差した。「あらら、こりゃまた随分でかい人だわ!」と思った。そして、帽子のつばを目ぐらいまで落として下を向いているトキトさんに「トキト様、お部屋の方にご案内いたしますので・・・」と声をかけると、ちょっと低い声で「はい」。そしてロビーを歩き、エレベーターに乗る。私とトキトさんだけ!しかし、このゲスト、ずっと下を向きっぱなしだし、やたらでかいので声をかける雰囲気もなく、そのままゲストルームへ向かう。ルームの説明を一通りしてからホテルの決まりでゲストにサインをいただくことになっていたので、「お手数お掛けいたしますが、こちらにサインをお願いいただけますか?」と頼んだ。はいという返事でペンを持ち、「時任三郎」と漢字でサインしてくれた、その時、??この字どっかでみたことある?俳優にそういえば「ときとうさぶろう」というのがいたな・・・と思い、あれ、もしかして?えっ?この人?というのが5秒間で駆け巡り、ふと上を見上げると、あらま!なんと俳優の時任三郎じゃないですか!どおりで、帽子で顔を隠して下向いて歩いているわけだわと思ったが、日本じゃないんだからそんなにまでしなくてもいいのにとも思った。いちおう挨拶にと「あっ、俳優の時任三郎さんですか?」と聞いてみたところ、「あっ、はい、そうです」と答えてくれて、意外と感じのいい方だった。ローマ字読み、時々ややこしい。勇輝君と由紀ちゃん、ローマ字でYuukiとしなければ共にYUKIだもの!!

マミーうんち食べた!!
先日コアラクラブのママ&ベビーの集まりがあった!12名のママ&ベビーちゃんが遊びに来てくれてとてもにぎやかな楽しい会となった。夜部屋を片付けていた時のこと、おもちゃのかげに直径2.5cmほどのうんちを発見!はっ?なんでこんなところにうんちがあるの?まず最初に頭に浮かんだのが我が家のやんちゃ娘(犬)アニー、してもやられたか!と思った。しかし、アニーのウンチにしては小さすぎ、次に浮かんだのが我が末娘のうんち、ついさっきまで遊んでいたので、オムツからはみでたのか?しかしうんちの匂いはしてなかった。次に浮かんだのがコアラクラブに参加してくれたママがベビーちゃんのオムツを代えた時にころりと落ちてしまったか?でもその辺りでうんちを代えていたママはいなかったし・・・・・ 思い当たらない!まっ、とにかく片付けましょう!と近くにあったビニール袋で掴み持ち上げたところ、軽い!うんちにしては重みがない!匂いを嗅いでみた、その時!そのうんちが何だか分かった!我が子の食べかけのカールだった!参加者のママが差し入れで持ってきてくれた新味の海藻味というカールでちょっと黒っぽい色なのだ。な〜んだ!と自分で大笑いしてしまったのだが、その笑いに子供達が「マミーどうしたの?」とやってきたので、「ほら、ここにうんちが落ちてたよ!」とカールを見せたところ、キャ〜〜と引き下がる。ふざけて「マミーウンチ食べてみようかな?」と言うと、「汚いからダメだよ!」と真剣に言う子供達。「ちょっとどんな味するか食べてみるね!」とカールをかじってみたところ、子供達は本当に私がうんちを食べてしまったと思い込み、目がものすごく大きく開いて、口は大きくワ〜〜開きでも笑顔、「わ〜〜マミーウンチ食べた〜!」という感じで、しかし驚きで声が出ず、上の子達3人は本当にびっくりしていた。「うそだよ!おやつで食べたカールだよ!」と明かすと、ほっとした顔になったが、その顔つきは私から見たらとっても面白く、可愛かった!その後子供達はすぐに私の真似をして父親に見せていた!

電球
我が家のダイニングにある電気には5つ電球がついている。勿論、時が経つと1つずつ切れてしまうので交換する必要がある。しかし我が家の場合、私が交換しないと常に電球は切れたまま。ある日友人が遊びに来た時「きよみ!電球が2つ切れているよ!」と教えてくれた。勿論知っている!他に換える気がある人間がいないことを伝えると「いつもきよみが換えちゃうからそれに慣れてしまっているのよ!換えなければいいんじゃないの?」というので、しばらくそのままの状態にしておいた。それから数ヶ月後、その友人が再び遊びにきてこう言った「きよみ!電球が4個切れてるよ!」「そうよ!交換しなければ、これよ!」 「あらら〜〜〜」とさすがに友人も呆れていた。部屋が薄暗くなっていても気がつかず換えようとしない人間が誰だかお分かりだろう!頭でもはげていたらテカテカ光って役に立ちそうだが、白髪じゃ何の役にも立たない・・・・・

油VS涙
幼稚園の思い出にとお母さん達が毎年作っているアルバムがある。昨年度のクラスアルバム制作に協力してくれたママ達が、アルバム完成を祝い、その打ち上げ会ということで1メンバーのご自宅にお邪魔した時の話、メンバーの1人がいないのに気がついた私が「あれ、Sさんどうしたの?」と聞くと、「Y君の具合が悪いんだって」との答え。そういえば、先週暑い中行われた幼稚園の遠足にもいなかった。「Y君ね、遠足とても楽しみにしていたのに行けなかったからお家で泣いてたって聞いて、こっちが泣けてきちゃって・・・・」と話してくれたママがちょっと涙ぐみながら教えてくれた。すると、その話を聞いていた一人のママの目からも涙・・・・・ みなさんの感受性に関心という話題になった。すると1人が「私、年いってから枯れちゃったみたいで、涙というか水分が出ないのよね〜〜!出るのは油でさ〜〜」となにげに話してくれたが、それが非常にウケてしまい、年取ると涙じゃなく油で、若いと水分があるから涙が出るんだ〜〜という結果を得た。私?
油だな〜〜〜しかも酸化した・・・

飯島愛と紅茶袋?!
香港にいた時の話、ホテル勤務でデューティーマネージャーデスクに座っていたら、ロビーに茶髪で、細〜くて、蛍光色のピンクのピチっとしたTシャツに蛍光色の黄緑のピチッとした短いパンツにラメが入ったストッキングとハイヒールをはいた若い女性が腕を組んで立っているのが目に付いた。「うわっ、派手!細っ!何この人?」と思った。すると、デスクに若い男性が来て「Do you speak Japanese?」と聞いてきたので、「はい、日本語できますよ!」と答えると、「日本人?あ〜よかった!あのさ、この辺で美味しい中華料理の店知らないかな?テレビ朝日の番組の取材ででさ、周富徳の・・・・」とペラペラ喋っている。「でね、飯島愛ちゃんとさ、一緒なんだけど・・・」と言われても、しばらく日本の生活から離れていた私には飯島愛が誰だか分からず「う〜ん、どなただか分かりませんが・・・・」と言うと、「えっ、飯島愛ちゃん知らない?ほらっ、あそこにいるでしょ?」と指さした相手が、派手な女性だった。日本にいる友人に「この間、飯島愛っていう人見たよ!細〜くて、派手でさ〜〜」というと、「あ〜〜飯島愛ね、ティーバックで有名になった・・・」と教えてくれたが、私の頭にはトワイニングまたはリプトンのティーバッグが浮かび、どうしてあの派手な人が紅茶で有名になるのだろう?と訳が分からなかった。リプトンかどこかのCMに出て人気が出たのかな?とか思っていた。後日、別の友人にその話をしたらゲラゲラ笑われて「イヤだ〜、ティーバックってね、下着で、おしりにくい込んじゃうくらい細いパンツでTの字みたいだから・・・」と教えてもらい、やっとあの派手な女性とティーバッグのつながりが分かった。昨年急死のニュースを知ってびっくりしたが、あの時サインでももらっておけばよかったかな?

社会で通用する言葉
ある日こんな電話を受けた「今10ヶ月なんだけど〜〜〜」 主語がなく、誰からなのかも分からず、いきなり10ヶ月なんだけど!と言われた。ご本人が妊娠10ヶ月なのか、シンガポールにきて10ヶ月なのか、お子さんが10ヶ月なのか、何が10ヶ月なのか!が分からない。たまたま子供の声が聞こえたので「お子さんが10ヶ月でいらっしゃるの?」と聞くと、「あっ、そう」との答え。別の人は「子供を持って行ってもいいですか?」と言うので「ええ、お子さん連れてきていただいてもいいですよ」と言いなおしてみたが、「はい、じゃ持っていきます」(物じゃないんだから・・・) 他にもあれ?と思うような電話を受けることがある「はい」という返事ではなく「うん」、「そうです」でなく、「そう」 「〜〜なんですが」が「〜なんだけど〜〜〜」などなど。友人がプレールームでお子さんを遊ばせていたら若いママ達の1人がこう言ったそうだ「ね〜〜そろそろメシでも食いに行く?」 たまげた!!私も決して正しい言葉を話しているわけではないが、社会で通用できるくらいの言葉使いは使えるようにしたいと思っている。

目覚めたのは・・・
お手伝いさんがいる生活に慣れてまっている子供達の父親!私から見ると何もしない。ところがある日、彼が夜中の工事現場でヘルメットをかぶり、懐中電灯を高く振り上げながらトラックの誘導をしている姿を見た。まるで「101回目のプロポーズ」で武田鉄也が演じていたような光景。私は「彼も少しは目覚めたんだ!」と普段見せていなかった一部を見て歓心した。が、目覚めたのは彼ではなく、わ・た・し、夢だった・・・・現実はそう簡単ではない。

あの人は肩こり・・・
最近クラスのテキスト作りでパソコンとにらめっこしている状態が長時間続いているせいか、肩がこって仕方がない。タイガーバームをぬったり、サロンパスを貼ったり「年だな〜〜」としみじみ感じてしまう。先日、オーチャードでばったり友人に会った。すると「きよみさん、肩こってるんですか?」と聞かれたので「そうなのよ〜〜もうこって、こって大変よ!でもよく肩がこっているって分かったね!」と聞くと、「っていうか、サロンパス肩に貼ってあるじゃないですか?!」 ゲッ!!すっかり取るの忘れて私はその日クリニックや街中をサロンパス貼ったまま歩き回っていたわけだ!きっとどの人も「あの人、肩こってるんだ・・・」と思われていたに違いない。

新型インフルエンザ対策

最近どこの病院に行っても問診、体温検査とマスクをしたスタッフが訪れる患者さんをチェックして厳重な体制を取っている。が、”ように見られる”と言った方がいいかもしれない。先日友人のお子さんが熱を出しラッフルズに行ったところ「熱があるから入れない!」と言われたそう。では、病気の人はどこに行けばいいの? 結局リヤンコートの分院(ここは病院じゃなくショッピングセンター内だからいいのか?)ならいいと言われて行ったそう。グレニーグルス、一般患者とスタッフのラインに別れているが、スタッフのラインに言って「スタッフ」と言ったら、「OK!」と言われた。体温検査は?と言ったら、OK!OK!とそのまま素通り・・・・ マウントEはスタッフもちゃんとチェックされていたのに・・・・ 一般患者とスタッフと医師では、何が違うの?アメリカにいる友人からメールが来たが、マスクしている人は見かけなくて、アジアのように大騒ぎしてないそうだ。イタリア人の友人がこんなことを言っていた。「豚インフルエンザで亡くなっている人は確かにいるが、例年別のインフルエンザで亡くなっている人は沢山いるし、交通事故や他の病気で亡くなっている人は沢山いるというのに、今はどこの新聞を見てもこのニュース!That's Crazy!」なるほど、彼の意見にも納得!!確かに2003年のSARSの時、日本のニュースではシンガポールが非常に危ないと伝えられていたそうで、母や友人から「大丈夫か!」と何度も連絡を受けたが、実際街中でマスクをしている人はそれほどいなくて、みな普通に生活していた。近日友人がマスクを買いに行ったところ、売り切れ!あるのが20枚で$110というマスクだったが購入したそうだ!なんでも3Mのマスクだそうだが、ガスマスクほど高価!息はできるのだろうか?感染していて当日熱が出てなければそのままOK,でも後日体調が悪くなる人だっているわけだから完全には防げない。でも予防は大事!うがいと手洗いはその基本
!!

動物縁
2009年4月30日にコアラクラブで動物園に行った。7組と少人数ではあったが、朝早く雨が降ってくれたので日中は涼しくとても過ごしやすい天候に恵まれてママ&赤ちゃんにとって絶好の日!ライオンのところに行くとみんな日陰でお休み。硝子越しに見える数頭のライオンにママ達は大喜び!するとオスのライオンが立ち上がり、何をするかと思えば、ウンチ!!これにはみんな大笑い!!サイのところに行くと、サイも大きなウンチをボタボタを落とし、それに仲間が群がって匂いかんでいる光景、コビトカバを見てたら、これも水槽の硝子に近寄ってきたと思ったらお尻をむけ、ウンチ!この日はウンチに縁があった日だった!!

距離感
この小さいシンガポールの生活に慣れると、東西南北の距離感覚が日本の距離感と変わってくるようだ!パサリスやウッドランドと聞くと、地球の果てくらいまでに感じるらしい。友達に「ベドックってどこ?」と聞かれたので、「イースト」と答えたら、「オーチャードから何時間くらいかかるの?」と聞かれた。端から端まで車で45分ほどのシンガポールだから何時間かかるとなると・・・「マレーシアまで行っちゃうよ!」と笑って答えた!West在住の友達が「イーストに住んでいるといいよね!だって空港が近いでしょ!うちからだと車で2、30分もかかっちゃうから遠いのよね!と言われたことがあるけども、日本に戻ったらこの2、30分なんてものすごく短く感じられるんだろうな〜〜

言葉使い
友人から面白い話を聞いた。バイトで働いている若い子が就職活動を始めると聞いて、就職活動に通用する言葉など教えてあげるよ!と言ったところ、こんな事を聞かれたそうだ!「就活すんだけど〜、”っていうか〜”って敬語でなんて言うの?」 これには笑った!!
イメージ
本文へジャンプ
私のひとり言!!






Copyright (c) 2009, LadyBaby Precious Room

LadyBaby Precious Room